セイブテクノは部品加工からアッセンブリ、完成品のまとめまで少量からうけたまわります 

工程管理

  1. お客様よりご注文を受けた営業部は、業務部へその内容を報告し発注指示を行います。
  2. 発注指示を受けた業務部は、その製品加工仕様により各加工区へ加工指示を行います。
  3. 加工区が協力メーカーの場合、業務部が受入を行い、現品票を添付のうえ品質管理部へ検査依頼を行います。又、加工区が内工の場合、製作伝票を製品に添付し品質管理部へ検査依頼を行います。
  4. 検査依頼を受けた品質管理部は、受入、出荷検査を行いその合否の判定を行います。検査後、合否の判定結果を現品票又は製作伝票に記載し業務部へ報告します。(品質マニュアル:6出荷品の品質保証及び7不適合品の管理に記載)
  5. 検査合格品は業務部により出荷作業を行います。
  6. 製品の管理として「合格品」「未検査品」「仕掛品」は現品票を添付し業務部が管理を行います。
  7. お客様より受けた、新規部品又は試作対応については、営業部と生産管理部にて協議を行いお見積いたします。