セイブテクノは部品加工からアッセンブリ、完成品のまとめまで少量からうけたまわります 

切削加工

NC旋盤での加工外径範囲としてφ8からφ280加工長さL290まで加工できます。(単位:㎜)

・マシニングセンタの加工範囲として「X700」「Y400」「Z300」まで加工する事がきます。


・協力メーカーでの加工実績としまして、長手方向8000㎜の加工をする事が可能です。また「5面」「複合機」等対応できます。

上記内容以外のサイズや形状につきましても、弊社取引メーカーにて対応をいたします。


また刃切り加工として「ブローチ加工」「スロッター加工」などでも対応可能です。


レーザーカット、ワイヤー放電

 レーザー加工は、非接触加工の為に加工歪みが少ない特性をもっています。加工範囲を板厚でみると、SPCC(軟鋼)で0.1~9.0㎜位までが一般的に可能です。(機種に依る)


 レーザー加工は、要求される寸法公差が±0.1~0.3程度で量産性の無い少数ロットの製品などに多く使用されます。


 加工の対象となる材料は、鋼板・チタン・ニッケルなどの金属をはじめ、木材・強化プラスチック・セラミック・布・皮・ガラス・繊維・ゴムなどほとんどの物に利用できます。


 ワイヤ放電加工とは、銅・黄銅あるいはタングステンなどの細いワイヤ電極により加工をおこなうレーザーカット加工より精度が必要な製品・金型などに対応しています。